共に食べる喜び

Pocket

4/18(土)、キネマ旬報シアターにて、「聖者たちの食卓」の上映後、大瀬由生子さんの「おなかまプロジェクト」についてのトークショーでした。
おなかまプロジェクトとは、同じ釜の飯を食べる仲間たちと、みんなで食卓を囲む大切さを伝える食育の活動です。

大瀬由布子さん
大瀬由布子さん

甘酒振る舞いにはじまり、歌あり、映像あり、亜紀さんやCorder Dojoの宮島くんやプチカル柏の葉の二瓶さんや私からの一言ありと多彩な演出でした。

川浦智子さん
川浦智子さん

いま、子どもの貧困が問題となっています。見た目だけでは分かりにくいところも、この問題の難しさです。
教育格差、いじめ、不登校、児童虐待にも、つながっています。

このような状況を何とかしたいと、日本各地で、放課後•土曜の学習支援や子ども食堂のような取り組みが広がっています。

「聖者たちの食卓」は、インドのシク教総本山の黄金寺院で、あらゆる人が区別なく、同じ食事を共にする無料食堂の風景と舞台裏を捉えたドキュメンタリー映画です。
毎日10万食が巡礼者や旅行者に振舞われています。500年以上続く伝統と知り、驚くばかりです。

「聖者たちの食卓」まではできなくても、柏で、子どもたちのための食堂を開けたらという思いを持っています。

孤独に食事を済ませる子どもやご高齢の方。これまで家庭に任せられていた子育てや介護が立ち行かなくなり、社会や地域で支えていくことが求められていると感じます。

キネマ旬報シアターては、いま、食にまつわる映画の特集で、前回は『和食ドリーム』上映後に森脇菜採さん、次回は『千年の一滴 だし しょうゆ』の上映後にコメスタの渡辺さんのトークショーが企画されています。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)