令和6年能登半島地震への千葉県の対応について

Pocket

令和6年能登半島地震への千葉県の対応について、千葉県より情報共有がありましたので共有いたします。

*******
1月1日に発生した能登半島地震の被災地を支援するため、これまで県が関係機関と
ともに実施している取り組みをまとめました。
今後、県ホームページで随時更新しますので、ご参照ください。
https://www.pref.chiba.lg.jp/bousai/kouikiouen/r6noto-earthquake.html

1 千葉県からの支援・取組
(1)職員派遣
・1 月 4 日から先遣隊として防災危機管理部職員3名を派遣。(継続して交代要員を派遣)
珠洲市役所の災害対応業務の支援や今後の応援体制の調整を実施
・1 月 6 日から先遣隊に加え、県職員17名を石川県珠洲市に派遣。(以後継続して交代
要員を派遣しており、第2陣(1/10~)からは市町村職員との混合チームを派遣)
・1 月 12 日から住家被害認定調査業務の支援のため、新たに県職員及び市町村職員を石川県珠洲市に派遣(継続して交代要員を派遣)

【これまでの派遣人数(令和 6 年 1 月 15 日時点)】
千葉県:52名
市町村:26名

(2)各種派遣部隊(警察本部)
・1 月 1 日より千葉県警察から広域緊急援助隊を始め、各部応援部隊を順次派遣。
【これまでの派遣人数(令和 6 年 1 月 15 日時点)】53名
【活動実績】要救助者 8 名を救助

(3)DMAT(災害派遣医療チーム)
・1 月 4 日よりDMATを石川県保健医療福祉調整本部(石川県庁内)等に派遣。
【これまでの派遣人数(令和 6 年 1 月 15 日時点)】
医師:22名
看護師:28名
ロジ:22名

(4)DPAT(災害派遣精神医療チーム)
・1月 9 日より先遣隊(3 隊)を石川県能登医療圏DPAT活動拠点本部(公立能登総
合病院内)に派遣。
【これまでの派遣人数(令和 6 年 1 月 15 日時点)】
医師:3名
看護師:5名
業務調整員:3名
≪健康福祉部障害者福祉推進課 043-223-2680≫

(5)保健師チーム
・1 月 8 日より石川県金沢市に派遣
【これまでの派遣人数(令和 6 年 1 月 15 日時点)】
保健師:8名(保健所設置市を含む)
事務職員:6名(保健所設置市を含む)

(6)看護師の派遣
・石川県看護協会からの要請に基づき、千葉県看護協会の調整で、災害支援ナースとし
て、看護師(病院局職員)を派遣。
【これまでの派遣人数(令和 6 年 1 月 15 日時点)】
看護師:1 名

(7)被災建築物応急危険度判定士
・1 月 15 日より被災建築物応急危険度判定士を石川県輪島市に派遣
【これまでの派遣人数(令和 6 年 1 月 15 日時点)】
千葉県:2名
市町村:6名

(8)県営住宅の提供
・1 月 9 日より令和 6 年能登半島地震で被災された方に対し、県営住宅の提供の受付を開始。

(9)応急給水活動の支援
・1 月 6 日より千葉県企業局から給水車2台及び職員6名を派遣(継続して交代要員を
派遣)
・1 月 7 日、石川県輪島市で給水活動開始
【これまでの派遣人数(令和 6 年 1 月 11 日時点)】
千葉県:12名

2 被災地への支援について
義援金
日本赤十字社においては、義援金の受付を行っています。
つきましては、皆様方のご協力をお願いいたします。詳細については、下記HPを
ご覧ください。また、県庁本庁舎 1 階に募金箱を設置しています。
日本赤十字社「令和 6 年能登半島地震災害義援金
(https://www.jrc.or.jp/contribute/help/20240104/)

※ 救援物資について
千葉県では、個人等による小口救援物資については、被災地の需要に対応した形で
供給することが困難であり、受付は差し控えさせていただきます。

3 災害の概要
(1)発生日時
令和 6 年 1 月 1 日午後 4 時 10 分
(2)震源及び規模(暫定値)
・場所:石川県能登地方(北緯 37.5 度、東経 137.3 度)
・規模:マグニチュード 7.6
・震源の深さ:16 km
(3)最大震度
震度7(石川県志賀町)

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

千葉県議会議員選挙(柏市)•立憲民主党公認候補予定者。 2021年10月、柏市長選挙(2021年)に無所属で立候補。43,834票を託して頂きました。その後、AIで水道管を救うFracta Japan株式会社の政策企画部長に。 元柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)