【千葉県】「令和6年度 国の施策に対する重点提案・要望」 に係る政府予算案の措置状況について(速報)

Pocket

「令和6年度 国の施策に対する重点提案・要望」 に係る政府予算案の措置状況について、千葉県より情報提供がありましたので、共有いたします。

*******************

千葉県では、令和5年6月に「令和6年度 国の施策に対する重点
提案・要望」を公表後、国の施策に反映されるよう提案・要望活動
を行ってきました。
これらの提案・要望事項に係る関連予算について、本日閣議決定
された政府予算案における主な措置状況をお知らせします。

○成田国際空港の更なる機能強化
・空港会社が実施するB滑走路の延伸及びC滑走路の新設等の更なる機能強化
(令和 10 年度末完成予定)に対する支援等について、156億円(R5:156 億円)
(うち空港整備勘定からの無利子貸付100億円(R5:120 億円)を含む)
・航空分野のグリーン施策の推進について、
「持続可能な航空燃料(SAF)の導入促進や空港の再エネ拠点化等の航空分野
における脱炭素化の推進」107.4億円(R5:167.4 億円)
「化石燃料のゼロ・エミッション化に向けた持続可能な航空燃料(SAF)等の生産・
利用技術開発事業」89億円(R5:71 億円)
・空港業務(グランドハンドリングや保安検査等)の体制強化等について、
「空港受入環境整備等の推進」3.3億円(R5:2.8 億円)

○首都圏中央連絡自動車道の建設推進
・「効率的な物流ネットワークの早期整備・活用」として、
3,802億円の内数(R5:3,627 億円の内数)
※ 令和 5 年度補正予算において、別途、圏央道分として63億円を措置

○防災・減災、国土強靭化
・防災・安全等に資する道路、河川等の整備について、
「社会資本総合整備」(社会資本整備総合交付金、防災・安全交付金)
1兆3,771億円(R5:1 兆 3,805 億円)
千葉県では、令和5年6月に「令和6年度 国の施策に対する重点
提案・要望」を公表後、国の施策に反映されるよう提案・要望活動
を行ってきました。
これらの提案・要望事項に係る関連予算について、本日閣議決定
された政府予算案における主な措置状況をお知らせします。
なお、この予算案に対する知事コメントは別紙のとおりです。

○子育て施策の充実・教育施策の充実
・総合的な子育て支援について、
「子ども・子育て支援新制度の推進等」
3兆8,169億円(R5:3 兆 4,115 億円)
・教師等の働き方改革の更なる加速化、処遇改善、指導・運営体制の充実、育成
支援の一体的な推進について、
「新しい時代の学びの環境整備」1兆5,627億円(R5:1 兆 5,216 億円)
「補習等のための指導員等派遣事業」121億円(R5:91 億円)
・部活動の地域連携や地域クラブ活動移行について、
「部活動の地域連携や地域スポーツ・文化クラブ活動移行に向けた環境の一体的な
整備」32億円(R5:28 億円)

○経済の活性化・農林水産業の振興
・京葉臨海コンビナートにおける国際競争力の強化とカーボンニュートラルの
両立について、
「次世代燃料安定供給のためのトランジション促進事業」71億円(R5:66 億円)
「水素等供給基盤整備事業」15億円(新規)
・農業の担い手及び担い手組織に対する支援について、
「農地利用効率化等支援交付金」10億8,600万円(R5:15 億 2,100 万円)
※ 令和 5 年度補正予算において、別途、23億円を措置
・有害鳥獣等の対策強化について、
「鳥獣被害防止総合対策交付金」99億円(R5:96 億 300 万円)

なお、この予算案に対する知事コメントです。

令和6年度政府予算案の決定を受けて

本日、令和6年度政府予算案が閣議決定されました。
本予算案は、「骨太方針2023」を踏まえ、令和5年度補正予算と一体として、「デフレ完全脱却のための総合経済対策」や、「こども・子育て支援加速化プラン」の実現に向け、構造的な賃上げ、官民連携による投資の拡大、こども・子育て政策の抜本的な強化に取り組むとともに、日本経済を本格的に回復させていこうとする政府の決意が
示されたものと受け止めています。

保育士の配置基準の改善や保育人材の確保など、総合的な子育て支援に関する予算が盛り込まれており、本県としても国の予算をうまく活用しながら、誰もがこどもを生み育てやすい環境の整備に向け、取組を強化していきたいと考えています。

また、成田国際空港における滑走路新設等の更なる機能強化や圏央道の建設推進などが盛り込まれており、県内経済の活性化が図られ、さらには我が国の持続的な成長・発展に繋がることを期待しています。

県としても、国の施策・予算を最大限に活用するとともに、県民や企業等が直面している課題にしっかりと向き合い、千葉県の総力を結集し、千葉の未来を切り開いていくための様々な施策に全力で取り組んでまいります。

令和5年12月22日

千葉県知事 熊谷 俊人

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

千葉県議会議員選挙(柏市)•立憲民主党公認候補予定者。 2021年10月、柏市長選挙(2021年)に無所属で立候補。43,834票を託して頂きました。その後、AIで水道管を救うFracta Japan株式会社の政策企画部長に。 元柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)