議員インターンの活動について

Pocket

※写真は2018年のものです。
日々の生活の中にある政治。
私たちの身の回りにも、人間関係などのしがらみがあり、ある時期に決まったことが慣習として続いていたりします。
時代や状況が変わっていく中で、変革していかなければならないのに先延ばしにされてきた課題に挑んだ大学生宮島 凱生さんの渾身のレポートです!

元ぐーたら大学生の地方議員インターン活動記録 Vol.12「たまには大学生としての話」

今夜23時からの山下洋輔トークライブ(66回目)に、このブログを書いた宮島さんがゲストで出演していただきます。

これまで弟子といいますか、書生といいますか、いわゆるインターンのような形で、大学生の方々と活動しています。
松下村塾をイメージして10名くらい集まってもらっていた時期もありましたが、今は数名と一人ひとり、週に数回面談しています。

柏下村(ハッカソン)塾、スタート

ブルース•リーも複数の道場から個人指導に切り替えています。大切なことをお伝えしていけたらという思いです。
このインターン活動にご興味おありの方、ご連絡ください。
あと数名は受け入れたいと思っています。

 

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)