まちづくりの活動で読売新聞に掲載して頂きました。

Pocket

読売新聞2013年7月11日に、新設した「Noblesse Oblige(通称:NOB)」が、「起業の花咲かすサロン」として開設されました。
これまで、全国のいくつかのフューチャーセンターの立ち上げに関わってきましたが、このNOBには、コンセプト立案から、様々な調整も含め、プロデュースしてきました。
①空間、②おもてなし、③ネットワーク、④ファシリテーションが、そろった施設は、なかなかありません。
柏という地域に密着している点、そして、柏だけにとどまらないクオリティの高さで、”Think Globally,Act Locally(世界視野で考えてローカルに行動する)”を体現していきたいと思います。

以下、YOMIURI ONLINE 7月11日 より
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20130710-OYT8T01574.htm

起業の花咲かすサロン 柏に開設

様々な業種の人たちが自由に出入りして情報や意見を交換し、問題解決や新ビジネスの創造につなげる“起業サロン”が、柏駅近くのビルにオープンした。柏市で街づくりに携わるメンバーらが運営し、地域の社会的課題にビジネスの手法で取り組む「社会起業」の拠点も目指している。
施設は同市東上町2の28、第1水戸屋ビル3階のフロア(延べ床面積128平方メートル)に開設。建築家の細田真一さん(49)、大学非常勤講師の福島毅さん(51)、教育コンサルタントの山下洋輔さん(35)、コミュニティーカフェを経営する油原祐貴さん(34)らが企画し、ビル所有者の細田さんが場所を提供した。
机やイスを自由に動かすことができ、利用者が交流して新しいアイデアを生み出す「コワーキング」を中心に、セミナーや会議、パーティーなど多様な用途に対応する設計で、壁に岩をかたどり、床には宇宙から見た地球をあしらうなど内装の工夫もしている。
利害の対立など複雑な問題について、専門家が対話することで迅速に解決する欧州の「フューチャーセンター」の機能も目指しており、「社会の役に立つ」との思いを込め、施設名は欧米社会で言うノブレス・オブリージュ(身分や地位に伴う義務)からとり、通称を「NOB」とした。
市民が日替わり店長を務める飲食店を脱サラして開店した油原さんは、「地域で行動を起こしたいと思っている人たちが仲間となって力を合わせ、新しい仕事づくりをする場所にしていきたい」と話している。
営業時間は午前9時~午後10時(日曜、祝日は午後6時まで)。利用料は、例えばコワーキングオフィスが会員で月1万5750円、非会員で1日(5時間)1575円。問い合わせはNOB(04・7197・5600)へ。

(2013年7月11日 読売新聞)

2013年7月11日 読売新聞 「起業の花咲かすサロン」
2013年7月11日 読売新聞
「起業の花咲かすサロン」
Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)