柏はもっとよくなる。まずコロナに全力、そして未来へ。

Pocket

私が挑戦する理由。

10年前、高校教諭から柏市議会議員となり、子どもを取り巻く環境をより良くしていくため取り組んできました。教員経験と教育学研究を土台に、地域での活動を通して、地に足のついた議論を交わし、スクールソーシャルワーカーの導入やプログラミング教育を進めることができました。

教育は、福祉・医療、経済・まちづくり、環境、財政といった様々な領域と密接に関わっています。私は、教育を軸としながらも、柏市に関するあらゆる領域に取り組み、もっと柏がよくなるよう活動してきました。このまま柏市議会議員として、民主的な対話を重ねていくことに一定の手ごたえも感じ始めてきた、その時、新型コロナの感染が拡大し、社会が一変。

仕事がなくなる、生活の先行きが見えない、命さえ守られない。これまでの方法が通用しない。

困っている人がより困り、子どもや立場の弱い人々にしわ寄せがいき、格差が広がり、分断が生まれた。

私自身、情報を発信し、市民の声を聞き、議会から働きかけてはきました。しかし、首長によって、自治体の対応は大きく異なることを痛感しました。

災害時体制、情報発信、デジタル化、地域経済、在宅医療、地域コミュニティなど、以前からの課題です。新型コロナにより、社会の課題が浮き彫りになったのです。

人口減少や気候変動は、待った無し。

このピンチをチャンスとできるかどうか、今が大事な時です。

医療健康、まちづくり地域経済、教育文化を中心にした新しい価値を創造する街を実現させます。

旧そごう柏跡地、柏駅西口北地区再開発、市立柏病院建て替え、中央図書館、公設市場など、先送りされてきた課題に対し、市職員との対話を大切にしながら、リーダーシップを発揮し、進めます。

しがらみのない山下だからこそ、新しいことを始められます。

誠実な政治をつらぬきます。

柏はもっとよくなる。

どうか山下に、お力をお貸しください。   山下 洋輔

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)