【柏市】新型コロナワクチン3回目接種を一律6か月経過後に前倒しへ

Pocket

新型コロナワクチン3回目接種を一律6か月経過後に前倒しについて、柏市より情報提供がありましたので、共有いたします。

**********

柏市は、新型コロナワクチンの3回目接種について、市民のかたが早期に接種できるよう、次のとおり実施します。

1 ワクチン接種可能時期の一律6か月経過後への前倒しについて

4月までの接種対象者数が約224、700人の想定に対して、同時期までのワクチン供給量は約268、300人分となっており、接種対象者分のワクチン確保の見込みがたちました。

このことから、2月3日(木曜日)午前8時30分より市民全てのかたの3回目接種可能時期を、さらに1か月前倒しして、2回目接種から一律6か月経過後にいたします。

2 1、2回目と異なるワクチンの接種(交互接種)について

4月までのワクチン供給量は、約3割がファイザー社製ワクチン、約7割が武田/モデルナ社製ワクチンとなっております。国は交互接種について、安全であり有効であると示していることから、早期に接種を希望されるかたは武田/モデルナ社製ワクチンの接種を御検討ください。

なお、武田/モデルナ社製ワクチンを使用する集団接種会場では、予約枠約35、000件に対し、2月1日(火曜日)午後2時現在、約28、000件の空きがあります。

3 基礎疾患・妊婦の専用予約枠について

2月3日(木曜日)に開始する集団接種では、重症化のリスクのある基礎疾患をお持ちのかたや妊娠中(同居家族を含む)のかたの専用予約枠を設置しました。

 

【補足】
ワクチンは本人の意思によって接種をするものです。接種の強制をすることや接種を受けていないことを理由にした不利益や差別的な扱いがないよう、皆さまの御理解と御協力をお願いいたします。

【柏市】新型コロナワクチンの追加(3回目)接種と柏市中央体育館について

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)