新型コロナワクチン接種券の前倒し発送の要望

Pocket

ワクチンについて、日々、多くの方々からのお声をお聞きしています。
電話がつながらない、なぜ集団接種しないのか、といった怒りの声が多数です。

その中で、新型コロナワクチン接種券の前倒し発送を要望することについて、ワクチン接種券の受領待ちの柏市在住65歳以上のご夫婦からご意見をいただきましたので、共有いたします。

***********

隣の流山・野田・我孫子・松戸・・・はすでに接種券が発送済みでワクチン予約ができる状態です。これは下記の不利益があるので、柏市民にも早く「接種券の前倒し発送」のお願いをしていただけませんでしょうか。

1.柏市に割り当てられたワクチンは柏市民が最優先になっていない。
①他自治体の65才の方が柏市の病院で予約・接種される為、柏市配分のワクチンが柏市民に使えない。(診察券と接種券があれば予約を受け付けるようです)
②かかりつけ医でも続々と接種が始まるようですが、接種券と診察券があれば他自治体の65才の方の予約・接種が可能になる思います。これも柏市民は優先してもらえない?

2.東京の大規模接種への申し込み(5月31日)にも市民は“個別の特別接種券の申請”が必要な様で、近隣の自治体の方はこのようなことは不要だと思います。「接種券さえ前倒し発送」していただければ、将来予想される接種の早期化にも対応しやすい
尚、私は柏市の接種券の発送方法の不備の指摘ではなく、市民最優先のワクチン接種と最近の接種機会の増大に合わせるべく「接種券の前倒し発送」していただくことを希望しています。テレビ報道では東京都の自治体や関東近辺や自治体ではすでに「接種券の前倒し発送」を公表されているようで柏市にも柔軟な対応をお願いしたいと思います。

*******

引き続き、柏市と話し合っていきます。

新型コロナウイルスの感染に伴い、お会いしてご相談をお聞きするかわりに、メールやSNS、電話でのやりとりが増えました。
お会いして細かなニュアンスをくみとることができない一方で、相談に対応する件数は増え、やりとりを記録することができるようになりました。

今後は、ご提案いただいた内容や行政との話し合いの過程もお示ししていけたらと考えています。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)