『プリズン•ブック•クラブ コリンズ•ベイ刑務所読書会の一年』

Pocket

アン・ウォームズリー (著), 向井和美 (翻訳)

『プリズン•ブック•クラブ コリンズ•ベイ刑務所読書会の一年』紀伊國屋書店

保護観察の面談で、留置所で初めて本を読んだという話を聞くことがある。そして、世界が広がり、人生が大きく変わるきっかけになりそうな実感を得たという話も聞いた。

もっと知りたいと思い、本書を手に取った。
保護司として、担当する一人につき毎月二回面談し、その報告を提出。
今、私は二人を担当しているので、月4回の面談とその報告書を作成している。
デスクワークの時間を捻出するのに苦労している。
コロナ禍、いつも面談している対象者は、それぞれ大変な状況におかれている。こういう時に、しわ寄せがきやすいのが現状だ。
保護司としては話を聞くことくらいしかできない。
しかし、こういう時こそ、しっかりお話に耳を傾けることが大切だと思う。
Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)