森林環境譲与税、冒険遊び場やプレイパークへの活用を

Pocket

森林整備の財源として全国の自治体に配られている森林環境譲与税。都市部では、作い道が少なく、基金に積み立てている自治体が多い。
2024年度からは、住民税に1,000円上乗せした森林環境税も予定されている。
冒険遊び場やプレイパークにも活用し、まちの中の森林を保全してほしい。
防災や水資源、直接には見えないかもしれないが、今やるべきことと考える。
プレーパークや冒険遊び場、私自身は学生の頃から、その理念に共感し、国内外いくつもの実践を観てきました。
自分の子どもたちが参加させて頂くことになるとは、感慨深いです。
こうして身近な場所で運営してくださる皆様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)