豊四季開墾絵巻物語と地域の歴史研究

Pocket

柏市民ギャラリーにて末武芳一さんによる「ふりかえって150年 豊四季開墾絵巻物」が9/17から9/20まで開催されています。

豊四季、柏市の歴史が広く知ってもらう素晴らしい機会です。

展示の中の一つ「豊四季の歴史に残る人物像」で、市岡晋一郎や吉田甚左衛門、八木重吉に並んで、交通指導員 宇佐美栄一さんが描かれていました。

歴史が身近に感じられます。

在廊されていた末武さんともお話ができ、宇佐美さんとの思い出をお聴きするかことができました。

大学や学会での研究と違い、地域に暮らしているからこそできる研究や活動があると分かってきました。
私も在野の研究者として、末武さんから多くを学んできました。

絵によって、資料だけでは伝えきれない歴史を伝えることができると実感しました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)