開発と文化財-大井浅間山古墳

Pocket

柏市の緑を育て、自然環境の保全を求めます。

これまで里山として保全されてきた埋蔵文化財や野馬土手など、開発によって失われています。

この浅間山古墳の周辺も開発が進んでいます。
何とか止められないか働きかけましたが、力及ばずでした。
この浅間古墳は考古学的にも,市域の歴史上重要な遺跡です。
後世に残し伝えていくとともに,広く市民に知ってもらうためにも,柏市の「指定文化財」として指定し、守っていく必要があると考えます。
人口減少の大きな流れの中、都市をコンパクト化させようとしている一方で、今でも無計画とも見える宅地開発が盛んな現状です。

外部からの人口流入を優先するのではなく、今、柏市で暮らす市民の住環境を向上させるよう方針を転換していく時です。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)