柏まちなか映画館で、世界を知る

Pocket

「世界のどこかである不正が誰かに対して犯されたならば、それがどんなものであれ、それを心の底から深く悲しむことのできる人間になりなさい。それが一人の革命家のもっとも美しい資質なのだ」

チェ•ゲバラが子どもたちに宛てた手紙に書かれた言葉です。

地球の裏側で横行している理不尽なことに対して、我が事のように考えられるか。いつも自分に問いかけています。

今日、柏まちなか映画館柏まちなか映画館で『マヤー天の心、地の心』を鑑賞•対話会。

古代文明の神秘のような内容かと思っていましたら、現代の社会問題を指摘するドキュメンタリーでした。

グァテマラとメキシコの国境付近に、マヤ人•先住民たちが暮らしています。

先住民とその文化への迫害。

外国籍企業の金鉱採掘により、先住民は公害に苦しみ、水など資源の枯渇。
古代文明遺跡も破壊されている。

先住民は、女性の識字率が低いなど、教育の問題も抱えている。

熱帯雨林が破壊され、豊かな生物多様性が損なわれ、地球環境を危機に追い込んでいる。

遺伝子組み換えトウモロコシと農業と地域経済の崩壊。

人間の技術(西洋文明)への過信と自然の軽視への警鐘が鳴らされている。

映画の語り方が、一方的な告発にとどまり、退屈な印象も受けた。
ただ、この印象が、先住民の無力感や閉塞感そのものであり、悲惨な現状でもあるのかもしれない。
この映画を観て退屈と感じた私たちは、先住民に寄り添うことができたのだろうか? これから、私たちはどうすればいいのだろうか?

鑑賞後の対話で、そんな話し合いが行われました。

柏まちなかカレッジでは、2019年、1年間限定で映画館を運営します。ドキュメンタリー映画を毎月一回、上映し、語り合う場を、まちなかに作ります。

「人と人をつないで世界の課題解決をする」をミッションとするユナイテッドピープル提供する45(20191月現在登録数)の中から厳選して上映。上映後、感想を語り合う時間も設けます。

次回は、5月9日(木)18時半から、ハックルベリーブックスにて、『0円キッチン』鑑賞•対話会を開催します!

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)