誰もがバスケットボールできる環境を!

Pocket

昨夜は、誰もがバスケットボールができる環境を作っていくための会議。

ストリートや公園にリングを建てます。

高齢者も子どもも、障がいのある方も、上手い人もそうでない人も、誰もが楽しめるような場を作っていきたい。

熱い仲間たちと話し合い、ゼロから活動を立ち上げていけることは、ワクワクします。

夏にはミニバスの大会、秋以降には3×3大会や40歳代大会、障がいのある方も楽しめるような大会など企画中です。

私たちが小中学校の頃は、当たり前のように練習させてもらうことができていました。今度は、自分たちの子どもたちの世代に「恩送り」していきたいです。

また、大人も生涯スポーツを楽しめるような場がないなら、自分たちの手で作っていきたいと思います。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)