新しいアイデアの歴史公園と幸谷城跡で歴史新発見!

Pocket

幸谷城館跡地(きつね山)の土地を、柏市が買い、市民のいこいの広場として、歴史や自然を保存していくことが、2017年9月の議会で可決されました。
(仮称)幸谷城館跡歴史公園用地として整備される予定です。

歴史公園といって、もともと天守閣のなかった城跡に天守閣を再現?したり、遺跡のあとかたもなく公園や資料館が建設されたり、戦国時代にだけ着目して古代から続いた古墳や江戸以降の里山文化などが軽視される事例もあります。

そうなっては困ると、委員会で質問しましたが、面白い答えが返ってきました。AR(拡張現実)という技術を活用し、デジタル情報を重ね合わせて、森を歩きながら当時の状況を楽しめるようなアイデアも考えているとのことでした。
早期の実現を期待しています。

柏市議会だより 平成29年9月定例会(平成29年11月1日発行分)

すでにカシワニワ制度などを活用しながら、地域の憩いの場となっているようです。また、画家・高島野十郎最後のアトリエがあった場所でもあります。

この伊藤住宅は、国登録の有形文化財に登録されました。

この幸谷城跡については柏市で保全されることになりましたが、貴重な地域資源でもあった‪中原防災公園の隣接林や今谷南子供の遊び場が、相続で民間にわたり、開発されることになり、議会でも議論されてきました。

今、‪柏市が市民から貸借している公園は約30箇所。
地権者の相続により、市に貸すことができなくなり、交渉も行われたが、平行線をたどり、存続は難しいという話はこれからも出てくると予想されます。柏市の買取りガイドラインや協定などの提案も、柏市議会の建設経済員会から出されてきました。

公園の適正配置とカシニワ制度など空き地活用についての議論も必要となってきます。

先日、この幸谷城館跡を見学しました。
取得出来なかった土地の発掘調査が行われており、そこで通説を覆す発見がありそうです。

幸谷城館跡は、大津川の支流にはさまれた台地上に築かれています。
城館跡は「城山」や「きつね山」と呼ばれています。
本城館跡の北方約600m、谷戸を挟んだ反対側の大地に増尾城跡があります。
また北東約400m、増尾字本郷には、武家屋敷跡の伝承を持つ旧少林寺境内地や妙見社跡地があります。

幸谷城館は、相馬氏が相馬郡に本拠を移す時まで居住していた城館跡ではないかと推測されます。この考えも、まだはっきりとは分かりません。文明17(1485)年8月に、この地域で戦闘が行われたことが小金の本土寺過去帳に記されているが、この幸谷城であったと考えられています。

今、発掘調査が行われていますが、これまでの見解とは異なる証拠がでてくるかもしれません。
戦国時代頃、城主はこの幸谷城から増尾城に移ったと、考えられていました。しかし、今回の発掘調査により、堀が確認され、戦国時代のものではないかと調査中とのことです。戦国時代のものと確認された場合、この幸谷城と増尾城は併存していたということになります。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)