文化の日、馬頭琴の演奏〜「高校三年生」の作詞家が柏市在住だった

Pocket

アマルトヴシンさんの馬頭琴演奏をお聴きしました。

昨年、お亡くなりになられた青山さんとのご縁で、アマルトブシンさんの音楽と出会い、モンゴルとの交流が生まれ、こうして沢山の人たちと体験を共有できることに感謝しています。

目を閉じて、馬頭琴の演奏を聴くと、モンゴルの風景が目に浮かぶようです。
目の見えなかった青山さんは、どんな世界を見ていたのだろうか。きっと、素晴らしい世界を見ていたことでしょう。

アンコールでは「高校三年生」をみんなで歌いました。
「高校三年生」は、作詞者である丘灯至夫さんが、柏市にお住まいだったということで選んだそうです。

丘灯至夫さんといえば、「高校三年生」の他にも、「修学旅行」、「君たちがいて僕がいた」、「高原列車は行く」、「襟裳岬」、「千恵子抄」、「東京のバスガール」、「山のロザリオ」、さらには「みなしごハッチ」「ハツション大王」等数多くの作詞をした方です。

そんな事実を、馬頭琴の演奏で知った文化の日でした。

写真は、パンフレットの裏表紙。
大野隆司さんの版画です。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)