フレデリック・ワイズマン監督『ボストン市庁舎』@キネマ旬報シアター

Pocket

フレデリック・ワイズマン監督の『ボストン市庁舎』を、キネマ旬報シアターで観ました。

今月、ミシェル・ウー氏が市長に当選。ボストン市史上初の女性、有色人種の市長誕生し、ボストン市が話題になりました。

「人々がともに幸せに暮らしてゆくため」の市役所を。

人種問題、ジェンダー、格差、あらゆる場面で「公正さ」が示されていました。

現状の制度では難しい状況でも、「私たちは市民を助けたい」という姿勢は見せているところから、多くを学びました。

ボストン市長が、何度か発言してきた「分断しない社会」について、強く印象に残っています。

素敵なドキュメンタリーです。

公営住宅、地域コミュニティの取り組み、再開発、気候変動の取り組みなど、この映画からインスピレーションを得られました。

今後に活かしてまいります。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)