柏市にスケートボードパークを!

Pocket

柏市にスケートボードパークを作るため、打ち合わせしました。

東京2020オリンピック競技大会では、バスケットボールの3X3、BMXフリースタイルやスケートボードといったストリートカルチャーに由来するスポーツが新たに競技・種目として追加され、注目されています。
しかし、道路の規制や周辺住民の苦情などから、練習場所がありません。オリンピック種目として決まったことで世間の注目度も上がり、競技人口が増えていくことは目に見えています。選手の育成や選手の練習できる環境を早く整えていくことが課題であり、自治体にとっては新たなチャンスでもあります。
柏市でも、これらのスポーツを育成すべきと考えます。

先日の議会質問でも、柏市でのスケボーパークについて提案しました。

調整池や高架下、公園内や商業施設、空き施設やプールなど、活用していくべきです。
にぎわいを生み出すため、あるいは、暫定的な土地活用としても有効です。

沼津市では廃校のプールの跡地が、BMXやマウンテンバイク、スケートボードなどのンプトラックとして活用されています。
※ 廃校プールをパンプトラックでリノベーション!NUMAZUサイクルステーション静浦東にスキルパークオープン【シクロチャンネル】

公共施設や使われていない資源を眠らせておくのではなく、このオリンピックの1年限定でも、実験的にスケートパークとすて活用すべきと考えます。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)