教育のまちに-『レッジョ•エミリアと対話しながら 知の紡ぎ手たちの町と学校』(ミネルヴァ書房)

Pocket

カルラ•リナルディ(著)『レッジョ•エミリアと対話しながら 知の紡ぎ手たちの町と学校』(ミネルヴァ書房)を入手。
楽しみに、待ってました!
里見実先生の訳です。

レッジョ•エミリアという北イタリアの都市は、まちぐるみで教育を支えています。
このレッジョ•エミリアの教育を導いたのが、教育者のローリス・マラグッツィ(1920~1994)です。
私の人生において、目指している人物です。

当時の最先端の教育学、心理学、哲学を研究し、何よりも教育現場での実践を重んじ、教育行政の役員として、地域に根差した独自の教育システムを創造しました。

この本をしっかりと読み込み、柏市にも活かしていきたいと思います。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)