【2014年の目標】「教育のまち」の実現に向け

Pocket

【2014年の目標】
謹んで新春のご挨拶を申し上げます。
旧年中は、一方ならぬご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
お蔭様で、私の目指す「教育のまち」の実現に向け、議会内外で、様々な活動を行うことができました。
重ねて、感謝申し上げます。

本年は、もう一度原点に立ち返り、「社会を支える教育、教育を支える社会」のために注力していきたいと思います。
高校教諭を辞め、学校だけでは実現できない教育のイノベーションに取り組むべく、柏市議として活動させて頂いています。
私の使命は、①子どもを取り巻く社会の整備と、②教育制度の充実と自覚し、全力を尽くす所存です。
今年は、以下の内容に取り組んでまいります。

①子どもを取り巻く社会の整備
・柏市内でコミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)を実現→地域コミュニティ形成と市民参加の行政運営へ。
・子育て支援政策(待機児童解消、一時預かり保育充実、病児・病後児保育の充実、子ども医療費助成など)
・スクール・ソーシャルワーカーを導入→教育格差を防ぎ、教育機会を保障。
・学童保育や放課後教室から、「地域の塾(学びの場・居場所)」での教育支援→教育格差を防ぎ、教育機会を保障。。
・部活動のあり方を見直し、生涯学習・社会教育として、地域文化を育てる。
・食育-地域・家庭との連携
・更生支援の理解を広める→再チャレンジ可能な社会に。
・治安・防犯→罪を未然に防ぐよう環境整備を。
・通学路の安全
・地域経済の活性-起業支援、地域の魅力発信、福祉・農・文化など既存産業と新産業の融合など
・豊かな自然環境
・グローバル化、高齢化社会での子どものあり方。

②教育制度の充実
・優れた実践・モデルを制度化し、予算化
・教員個人の資質に頼るのでなく、システムとして機能させる→教育委員会・教育研究所の充実
・小規模特認校で、特色ある先進的な教育を実現→廃校ではなく地域拠点としての学校のあり方を考えたい
・教員の事務仕事軽減
・図書館を中心とした教育支援ネットワークの確立
・昨年、私も所属していた教育民生員会から提案し成立した「柏 市 児 童 虐 待 及 び い じ め 防 止 条 例」が適切に運用されているか、不十分な点はないかチェック
・教育共創研究所をプラットフォームに、他自治体議員と連帯し、自治体から日本の教育を変えるムーブメントを起こす

思いに任せて、書き連ねてしまいました。しっかりと、市民、保護者、現場の教員、学校や教育委員会、そして、当事者であり、未来を担う子ども自身の声に耳を傾け、対話を重ね、働いてまいります。
私一人では成し遂げられないことばかりですが、みなさまのお力をお借りしながら、一緒に良い社会を作っていければと願うところであります。今後とも倍旧のお引き立てをお願い申し上げます。
最後になりましたが、皆さんの努力や思いが実を結ぶ一年となりますよう、僭越ですが心を込めてお祈りしています。

山下 洋輔

 

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)