地方議員の意外な役割

Pocket

議員となって6年、柏の受験生からの相談が増えてきた。

大学入試ではAO入試や公募推薦入試が増え、受験勉強が変わってきていると感じる。

社会課題を発見し、解決するために行動しながら、学ぶことが重視されるようになった。

受験生が、自分の地域活動の実績を大学の研究に結びつけようと考えていると、地域の実情や地方議会の動向などが大切と気づくことになる。
そこで、地域に根差した活動をしている地方議員が注目される。

受験勉強をきっかけに、政治や行政に興味を持ってもらえるのは、ありがたい。

現状では知りたくても、なかなか情報がないものだ。

あまりテレビを観ないので気づかなかったが、コメンテーターに地方議員は使えるのではないかと思う。
芸能人のように顔が売れているわけではないが、市民生活に関わる最先端の課題に触れているし、法律や事例も知っている。

受験生だけでなく、市民団体などの推薦文を書くことも増えてきた。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)