暮らしのせいにしない教育-茨木市教育委員会視察

Pocket

学力テストの結果に一喜一憂し、各校の成績を公開すべきかどうかの議論がマスコミをにぎわせますが、地道に取り組んでいる教育委員会も注目されています。

大阪府茨木市は、「一人も見捨てへん教育」という目標を掲げ、学校現場、行政が一丸となって取り組んできました。
学力テストの結果を分析し、現場が必要とする支援を行っていいる。
学力向上プランと言うと、学校現場は教育委員会から押し付けられたと感じるもの。
しかし、茨木市は、施設面だけでなく、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー、補助教員など学校現場が必要としていた人的な支援を行い続けることにより、現場の理解を得られるようになってきたとのこと。
耐震改修やトイレ改修といったハードではない、教育内容そのものの支援に、平成25年度は約2億5千万円の予算。人口28万、小学校30校の自治体で、全国共通して財政が厳しい中、この予算が通っています。

茨木市教育委員会を視察
茨木市教育委員会を視察

子どもの未来は、地域•社会の未来だと、口だけではない。施策が実現している。
大きな目標がしっかりしていること、その成果を教育委員会がデータに基づいて評価して翌年度につなげていること、学校現場との合意形成、市民•議会の理解などが、成功の鍵だった。

目を引くような、受けの良いものではないが、地道に、しっかりと取り組んでいる事例である。
柏市の教育委員会の方々とも、共に研究し、柏市の教育にも反映させます。541550_1004163006266437_4679597475198591414_n

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)