話をすることで定着する学び

Pocket

‪今日のPowerLab for Thinkerでは、美術史をたどりながら、人類が考えてきたことを話し合いました。‬

20枚の絵を観て、時代順に並べるという課題でした。
これまでの自分の知識を結集させ、仲間に自分の考えを説明し、納得してもらうことを通して、知識の活用力や説明力が身につくのを感じました。IMG_6906

ヒントとして、時代背景や哲学の流れなども示しました。頭をフル回転させていたようで、ものすごい食いつき方で吸収していきます。IMG_6907

親御さんともお話して感じたことは、小学生たちは、なかなか安心して話せる場所や時間が少ないのではないかということでした。
小学生だけでなく大人も同じかもしれません。もっと話し合える環境や雰囲気を作っていきたいです。
柏まちなかカレッジの活動も、対話文化を広めるものなので、まだまだ続けていこうと思いました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)