柏市立小学校教諭、体罰により懲戒処分

Pocket

柏市教育委員会より、「柏市立小学校教諭の体罰に係る千葉県教育委員会による懲戒処分について」の報告を受けましたので、共有いたします。

******************************

柏市立小学校教諭が,担任学級児童への体罰について千葉県教育委員会より懲戒処分を受けましたので,次のとおりお知らせします。

1 処分内容: 令和2年3月11日(水)付 懲戒処分(減給10分の1  6ヶ月)

2 被処分者: 柏市立小学校 教諭(女性 60歳)

3 事案の概要
(1)発生日時
平成31年4月頃~令和2年1月中旬まで

(2)内容
・ 主に授業中や清掃指導中,複数の児童の手や足を叩いたり蹴ったりする体罰を行い,痛みを伴う苦痛を与えた。
・ 不適切な発言によって,当該学級児童に精神的苦痛を与えた。

(3)学校の対応
学校に対して上記2点について保護者からの訴えがあり,学級児童から聞き取りを行ったところ,複数の児童から体罰を受けたとの事実が確認できました。時期を確認する中で,年度当初より行われていたことも確認でき,校長は担任教諭への指導と教室への複数教員の配置等で対応しました。また,臨時保護者会を開き,事実の報告と謝罪を行いました。その後,担任を教務主任に交替しました。
当該教諭は不祥事防止の研修を受けていたにもかかわらず,体罰に関する認識が甘く,今回の事故に至ったものと考えられます。

(4)柏市教育委員会の対応
教育委員会では,3月13日(金)の臨時校長会議で本事案の概要を説明し,各校に於いて,不祥事根絶に向けた取組を徹底するよう指示をするとともに,不祥事防止に向けたボトムアップ型の委員会等を組織するよう指示します。

5 教育長コメント
柏市立小学校教諭の体罰により、心とからだに被害を受けた児童はもとより、保護者並びに関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。
また、本事態を重く受けとめ、今後このようなことがないよう、市立学校の教職員に対し、その職責について一層の自覚を促し、組織全体として教育への信頼回復と再発防止に努めて参ります。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)