地域の子育て支援の取り組みを見学

Pocket

これまで議会で、一時保育について質問してきました。待機児童だけでなく、一時保育や気軽に子育て相談できる機会も整えるなど、子育てに悩む親の支援も必要だと考えています。
ハックルベリーブックスで毎月開催されている「0歳からのおはなし会」に息子と参加しました。絵本、わらべ歌、手遊びなどで遊ばせてもらいました。
写真は、お土産に頂いた折り紙のクリスマスツリーです。
巻石堂さくら保育園にある子育て支援センターも訪問。これまで、視察といっても男一人では入りづらい気がしてましたが、息子のお陰でいろいろとお話を聴かせてもらえました。
これから子ども図書館や近隣センター、児童センターなどにも出かけてみたいところです。
子どもを抱っこして近所を歩いていると、沢山の方々にお声かけ頂きました。施設だけでなく、そういった地域の温かさも、子育て支援のための資源になるのだと実感しました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)