新富げんきなひろば-寄附者の思いと遊び場クリエイター

Pocket

地域の住民が様々な活動に利用できる広場「新富げんきなひろば」の完成に伴い、オープンニングセレモニーに柏市議会の教育民生副委員長として参加させていただきました。image

「子どもたちが様々な活動ができる場所として利用してほしい」と、平成24年1月に、この広大な土地(農地(栗畑)5,347.96平方メートル)が柏市に寄附されました。

近隣の町会や小学校PTAなどで、その活用が検討され、平成26年に「新富げんきなひろば運営委員会」が立ち上げられ、広場の整備や運営について協議されました。

子どもたちのための公園ですので、当事者である子どもたちの意見が反映されています。
「遊び場クリエイター」の子どもたちが公園の運営やイベントの企画などを担っています。
遊び場クリエイターのワークショップについて ひこさんのブログよりimage

動物と遊ぶ、ボール遊び、水や火、イベントについて、みんなが気持ちよく利用するために話し合われた内容が看板になって設置されています。
その看板の除幕式で、この後、子どもたちから説明がありました。imageimageimageimage

この土地を寄附して下さった市内新富町一丁目在住の飯沼良一町会長さんのご挨拶から、豊四季開墾などこの地域の歴史をうかがうこともできました。
ご先祖様から土地を受け継いだ4代目。このまま宅地開発というのではなく、子どもたちのための広場を作ることは、ご先祖様も喜んでくれるだろうとお話しされていました。
オープニングセレモニーは、二代目のご命日とのこと。素晴らしい式典でした。image
市長から遊び場クリエイター一人ひとりに感謝状が手渡されました。
imageひろば利用のルールも定められています。image
住所は、柏市新富町一丁目 441 番 9(うぃず南柏保育園近く)
image

柏市議会の教育民生委員会で、この「新富げんきなひろば」が、都市部の管轄する公園ではなく、子ども部が管轄する児童遊園になったにかといった質問もありました。
子育て支援の拠点として活用していきたいという考えがあるとのこと。
実際、遊び場クリエイターの活動など、さまざまなイベントや企画が動き出しています。
公園というハードだけでなく、子どもを中心にした地域の力を生み出す拠点になると期待しています。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)