自治の最前線ーゴミ置き場や孤独死など

Pocket

ごみ置き場について、日々、お話をお聞きします。

多くの人はルールを守っている中、一部の人が守っていないという話が多いです。

町会が、ごみ置き場の維持管理をしていますが、実際に散乱したごみの片付けなどは、近隣の方々がされています。

午前中は町会の緊急会議。

取り急ぎ、夏まつり9月の開催中止し、10月延期開催はこれから検討します。

ごみ置き場や孤独死なども議論。

終了後、事件関連もあり、現地視察しました。

町会では、帰り道など、すぐに現地視察できるのが、良いところです。

暑いので、その方面の役員や自転車で動ける人が代表して、情報共有するなど、柔軟に対応しています。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)