足立区に自転車総合計画の視察①

Pocket

これまで柏駅前の駐輪場や自転車道など、自転車が乗りやすい街になるよう議会でも質問してまいりました。これまでの私からの提案や意見は、柏市自転車総合計画の中で検討されています。
今日は、この自転車総合計画の調査のため、担当課と一緒に視察に行ってまいりました。
10631258_985204841495587_6904545832745341806_o この視察で、特に、ポイントと感じたことは、放置自転車対策は、①駐輪場、②取り締まり、③保管場の3つの業務と行政が一体となって取り組まなければならないということでした。
10003760_985207761495295_8974961646063310876_o 取り締まりの仕事ではなく、駐輪場への誘導です。運営者が違う駐輪場でも、ネットワーク化され、満車情報などが把握できます。駐輪場を使う人が増えると、撤去も減ります。撤去へのクレームに対しても、情報共有で適切な対応が可能となり、職員の負担も軽減されます。
10623860_985206984828706_2728477119642875526_o もう一点は、駐輪場は、大きなものを作るより、まちの各所に点在している方が、利用しやすいということ。まちの隙間スペースをフル活用していました。たとえば、ビルの空きテナントが駐輪場になっている事例も二つほど見学しました。ビルの取り壊しまでの暫定的な活性事例もありました。

うまくいっていない場所もありました。スーパーの前に違法駐輪されているのですが、スーパーの向かいに駐輪場があるのです。しかし、その駐輪場は30分100円。最初の1時間から2時間くらいは無料にすることが大切です。
1941504_985206691495402_390522663572017592_o 私は自転車に乗る者として、どこにでも置けると助かります。店の目の前まで自転車で行き、歩く距離は少ない方がいい。ただ迷惑になってはいけないということも分かります。しかし、自転車で訪れるのが面倒な街になっては本末転倒です。10711006_985211551494916_8493689674839211551_n 柏市の自転車総合計画では、放置自転車を無くすことだけを目的としたものではなく、文字通り、総合的な計画を策定して頂きたいと要望しました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)