Code for Kashiwa、高校生がゴミ情報アプリを製作中

Pocket

地域のコ•ワーキングスペースNoblesse Obligeでのひと時。

Code for Kashiwaで、ゴミ情報の案内について提案したら、加藤君が取り組み始めてくれました。 加藤 遼 君は冬休み中の高校生。

以下の金沢での取り組みに加わるものです。
http://5374.jp/
「いつ、どのゴミが収集されているのか?」
ゴミの問題はどの地域でも深刻になりつつあります。
Code for Kanazawaでは、先ずは正しいゴミの捨て方に注目しました。例えばお引っ越しをされた場合や、新しく金沢市に住むことになった時、このアプリを使えばすぐに分かるように、目的と使い方をとてもシンプルにデザインしました。
269-1
その取り組みを 小野寺 宣裕さんがサポート。
その光景を見ていて、嬉しい気持ちになりました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)