ふらっと歩いて感じる都市計画-コンパクトシティ富山市

Pocket

「神は細部に宿る」と言いますが、道路を一つ見るだけで、その自治体の都市計画を感じることができます。

たとえば、この写真。image
歩道は、自転車道、歩行者、車椅子などゆっくり歩くレーンに分かれています。
市民共同利用のコミュニティサイクルも設置されています。
車道には、バス専用レーン。市内には、LRTや路面電車も整備されています。
街路樹や花壇も整っています。

自転車道については、歩行者と接触する恐れがあるので、車道に設置すべきとの意見もお聴きしますが、車と自転車の接触についても考えなければならず、正解は一つではありません。
買い物袋をさげた自転車やご高齢の方にとっては、この写真の道路の方が安心ではないかと思います。

通勤通学時間を見ていませんが、余裕を持ったスペースが、歩行者用にも自転車用にも確保されています。

この写真は、富山市のものです。
公共交通を富山駅周辺に集積させ、利便性を高め、過度に車に頼らないコンパクトシティを推進し、人口減少時代の都市計画として注目されている自治体です。
中心市街地に、仕事、買い物、文化、レクリエーション、住まいを複合的に集まめ、活力と魅力ある都市を目指すものです。image
一方で、豊かな自然や地域の特性を活かした都市機能の整備と公共交通の充実させるまちづくりが行われています。

この結果、国連が認定するエネルギー効率改善都市に、国内で唯一選ばれています。
今年5月には伊勢志摩サミットに先立って行われるG7環境大臣の会議も富山市で開かれます。

また、ロックフェラー財団から「100のレジリエンスシティ」にも認定され、防災に強い都市計画が進められています。

北陸新幹線も開通し、可能性と課題も見えてきます。

副市長1人、政策監、レジリエンス統括監を外部から迎え、国の政策やロックフェラー財団などとの関係を密にしていると推察されます。
賛否は分かれますが、目指す未来像を実現するために、富山市は都市計画を立て、粛々と実行していると感じました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)