柏駅前のまちづくり―旧そごう跡地、西口再開発、柏駅北口改札、東口のエレベーター

Pocket

柏そごうが撤退して3年、いまだ三井不動産株式会社が権利取得に向けて交渉中で、その後の利活用の目途はたっていません。柏市は、「民間の話し合い」と突き放すのではなく、市としても具体的に働きかけていくべきです。

今、柏駅西口再開発も、三井不動産株式会社が交渉しています。東口-西口の一体的な開発を期待します。

柏駅北口設置案も出ています。そんな中、2週間ほど前、JR東日本は、松戸駅の駅改良工事に2020年春ごろから着工すると発表しました。柏駅について、柏市からJR東日本への働きかけを求めています。
さらに、西口の開発に合わせ、柏の葉と西口を結ぶ路面電車などを実現させ、柏駅東西だけでなく、柏駅-柏の葉をつなぐよう働きかけていきます。

柏駅東口改札付近でのエレベーター設置も要望いたしました。

先日、議会での質疑応答についてご報告いたします。

◆旧そごう柏店の跡地利用の見通しについて
柏市の答え
「柏駅前まちづくりについて、旧そごう柏の跡地利用については、
現在、三井不動産株式会社が権利取得に向けて、一部の地権者と交渉継続中と聞いている。今後の利活用方針について、どのような形で活用されるかの見通しは不透明である。
柏市としては、今後も三井不動産株式会社との意見交換を通じ、早期の方針決定をお願いしていくとともに、商業施設など集客施設中心の再活用に向けた支援と働きかけを行っていく」
→昨年9月、12月の議会答弁と変化なし。

◆柏駅西口北地区市街地再開の進捗
(※岡田病院や柏一小通りのあたり・柏一小の手前まで)
柏市の答え
現在、柏駅西口北地区再開発準備組合において、都市計画提案に向けた施設計画案の検討が継続されております。すべての地権者に対して、検討状況報告会が開かれ、その後、個別面談が実施されたところです。
今後のスケジュールについてですが、準備組合において、
事業区域の検討を行いながら、関係者との調整を進めており、令和2年度今上半期に説明会を開催する予定で検討を進めているところと、お聞きしています。
また、柏市におきましては、準備組合から施設計画案が示された後、その内容について市民の皆様へお知らせするとともに、公共性の高い施設整備に関して、市民の皆様のご意見を伺ってまいりたいと思います。

◆JR東日本への働きかけ
柏市の答え
柏駅北口改札については、毎年行っているJR東日本への要望活動の中で、引き続き、要望していきたい。
柏駅東口改札付近でのエレベーター設置についても、駅舎改良工事やダブルデッキの架け替えにあわせて実現させていきたい。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)