Pocket

柏市長選挙に立候補して、ちょうど一年が経ちました。

立候補直前まで、「立候補をしなければ/するのなら•••」と、甘い言葉や脅しのようなこともありました。

たしかに、立候補しなければ、安定した立場で、これまでの経験も活かしながら活躍できたかもしれません。

それでも、この現状の政治やこれからの社会のことを考えると、ぬくぬくとした場所で話し合うだけでなく、リスクを負ってでも立ち向かっていかなければと立候補しました。

こんな私を支えてくださった皆様には、本当に感謝しています。

組織に依存しないこれまでにないスタイルで、選挙にのぞみました。残念ながら、結果を残すことはできませんでした。

「当選するためには、綺麗事を言っている場合でない」とお叱りも受けます。しかし、当選することが目的ではありません。当選してから良い社会を作っていくための選挙を貫くことができました。

ここ最近の報道で、組織票に頼る政治のあり方について疑問を持つ方も増えたと思います。

単に、カルト宗教の問題だけにすることなく、これからの選挙と政治の問題として、向き合っていけるよう、これからも発信していきます。

今週10/25の夜、後楽園ホールでボクシング元世界王者の岩佐亮佑選手の復帰戦を会場で応援できました。

4ラウンドKO勝ちをおさめられました。

試合がなかった時の姿を拝見していたので、なおさら嬉しいです。

「この試合で勝っても、負けても引退」

そんな思いもあったそうです。

選挙のこと、自分のこととも重ね合わせてしまいます。

試合はもちろん、生き様にも心を動かされます。

ちょうど一年前、岩佐亮佑さんは、柏市長選挙の応援に駆けつけてくださり、ポスター貼りまでしていただきました。

https://y-yamasita.com/yamassington-post/16890.php

国会の政党や派閥争い、一時の風に左右されることなく、私たち柏市民の命と生活を守る政治を貫きます。

皆さんの応援が頼りです。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

山下洋輔

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。元高校教諭。2児の父。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 (社)305Basketball監事。 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)