ヤマシィトンポスト

廃校ではなく、理想的な公立学校の設立を!

Pocket

1 私のミッション
私は「学校を設立したい」という目標を持ち、大学で教育学を学び、卒業後は教員となった。
学生時代には、総合的な学習の時間やアクティブラーニングの元祖といえるJ.デューイの教育思想やシカゴ大学附属実験学校での実践、池袋児童の村小学校や成城小学校、玉川学園、自由学園など大正新教育運動の文献を読み、構想を練っていた。
その後、イタリアのレッジョ•エミリア市では、素晴らしい幼児教育を公教育として実現させ、街全体で子どもたちを育てる教育が実践されている自治体を知る。そこでは、道路や公園、ごみの収集など、生活の中に学びの機会を作っている。学校という枠組みを越えて考えるようになった。

市内のすべての子どもに、素晴らしい幼児教育を行き渡らせたレッジョエミリア市の事例

そして、格差や環境といった社会全体の問題や根底となる市民の意識や文化をなんとかしなければという思いが強まり、地方議員として活動している。

2 一部の子どもではなく、すべての子どもに素晴らしい教育を。
素晴らしい学校を建てても、次第に裕福な家庭の子どもたちのものに移り変わっていく。そんな歴史の繰り返しを教育史から学んだ。貧困層の子どもたちを対象に始まったモンテッソーリ教育ですら、そうなっている。
新教育運動が広がらなかったのは、たしかに戦争の影響もあったが、裕福な家庭の子供たちの教育になってしまったからだと考える。公教育ではなく、フリースクールのような形で展開せざるを得なかったことに限界があった。
今日、社会や子どものニーズも多様となり、従来の公教育では、すべての子どもたちに充実した教育機会を提供することが難しくなっている部分もある。子どもにとってフリースクールやインターナショナルスクールといった選択肢もあるが、月謝が高かったり、持続可能な学校運営でなかったりしているのが現状である。
大正新教育のような多様な教育を、行政が支え、子どもたちの学ぶ機会を保障することが、議員としての私の仕事でもある。
教育の自由が保障されているオランダを訪問し、調査してきた。オランダでは、モンテッソーリやイエナプラン、ドルトンプランといったオルタナティブ教育の学校が、行政によって設立され、教材研究も盛んだ。行政が特色あるカリキュラム作成を支援している。
実際に、オルタナティブ教育といわれる学校は、オランダの中でも一部である。しかし、それでも、公教育として認められていることに大きな意義を感じる。

3 公共施設の統廃合と学校
さて、今日、自治体では、人口が減少し、厳しい財政状況の中で、老朽化した施設の改修が集中し、災害等への対応や環境への配慮など対応を迫られている。公共施設のリストラも断行せざるを得ない状況だ。
地方自治体の公共施設のうち、大部分を占めているのが学校施設である。柏市の公共施設等総合管理計画のための調査報告では、3つの小学校の統廃合の可能性が示されている。
今回の議会質問では、学校の統廃合への反対と、統廃合の可能性が示されている3つの小学校を、モンテッソーリやイエナプラン、ドルトンプランといったオルタナティブ教育の学校として設置するという対案を示した。

4 小規模校だからこそできる教育
小規模校については廃校にするのではなく、小規模校ならではの良さを生かした教育を打ち出していくべきと、私は考える。
あえて複式学級を選択することで学年を超えた学び合いやICTを活用した個別学習を実現させるなど、少人数でのアクティブラーニングが可能となる。自然体験や地域との交流の機会も大きな魅力だ。学習指導要領に従った複式学級や教科横断のカリキュラム作りなど研究や実践が進んでいる。教育委員会で特色ある学校づくりをバックアップしていくべきではないだろうか。

5 不登校支援の取り組み
現在、柏市では、適応指導教室「きぼうの園」と三ヵ所の学習相談室で不登校支援が行われている。訪問指導員、大学生によるメンタルフレンド、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーによる相談体制が整えられている。しっかりとした支援体制ではあるが、「適応指導」という名称や、既存の学校への不信感、枠を超えた可能性ある児童生徒については不十分な部分もある。
日本財団と東京大学先端科学技術研究センターでは「異才発掘プロジェクト ROCKET(Room Of Children with Kokorozashi and Extraordinary Talents)」を立ち上げた。学校になじめず不登校傾向でありながら一方で、特定の興味・関心のある子どもを対象に、その興味・関心をのばすことを目的としたプロジェクトだ。
この事業のように、今こそ、柏市ならではの思い切った取り組みが期待されている。

6 地域を支える学校
公教育として、柏市が理想的な学校を運営することになれば、全市内からはもちろん、全国から、その学校での教育を求めて子どもたちと親が集まることになる。地域に子どもの声が戻り、地域を元気にすることにもつながる。

柏まちなかカレッジ学長    山下 洋輔

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)