ヤマシィトンポスト

新年の抱負-渋川春海と重ね合わせてみて

Pocket

元旦に『天地明察』を読み、主人公の渋川春海と自分自身を重ね合わせ、これからの生き方について考えてみた。

1 自分にとって全生涯を賭ける勝負は?
登場人物である関孝和にとっては算学、本因坊道策にとっては碁、酒井忠清や保科正之にとっては政治であり、主人公の渋川春海にとっては天文学だった。春海は改暦を成し遂げた。

→私にとっては「教育のまち」の実現。より良い教育環境を整備し、より良い社会となるよう全生涯を賭けたい。
レッジョエミリア市の教育を整えたローリスマラグッツィの仕事は参考にしている。

2 改暦が実現した時のプロセスについて
①研究し、②プロジェクトを立ち上げ、③出版など情報発信により問題提起し、④ステークホルダーに根回しし、⑤権力者に建白書•請願書、⑥イベントなどで世論形成というプロセスは、改暦のみならず、現代の政策提言にも通じる。

→研究し、現場を歩き、活動し、対話を繰り返し、情報発信を心がけたい。

3 一個人による事業とすることで、朝廷と幕府の協同を実現させる。

→現在の身分が曖昧なところもあるが、あえて、その曖昧さを大切にしていきたい。教員、NPO、ビジネス、議員、地域など、壁を越えられる存在を目指したい。無所属であることや後ろ盾を持たないことも強みとしていきたい。

4 ガラパゴス化した日本文化の結晶
最高峰だった中国の授時暦の誤りを正し、大和暦を打ち立てる。
登場人物の関孝和は、行列式など中国やヨーロッパにもすら存在しない術理を発明し、和算を確立させる。

→武道や伝統芸能などから学ぶ教育、生活に密着し、四季や自然を大切にする教育、これまでの学校文化が育んできた日本の教師。
海外に学校を建て、日本の教育文化を海外で鍛え直し、逆輸入の形で、日本の教育に提言したい。

その他にも、主人公である春海は、先人が積み重ねてきた学問の成果や思いを受けて、改暦を成し遂げたことに、私は感動した。
私も、先輩方から沢山のものを受けてきたので、この社会に還していけるよう頑張りたい。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)