今年の目標「謙虚に、真摯に」

Pocket

今年もよろしくお願い申し上げます。
皆さまにとって、素晴らしい一年となることをお祈り申し上げます。

今年は、もっと謙虚に、真摯に生きていきます。
カポエィラの先生から、「低く、柔らかく、ゆっくりと」と繰り返し、指導してもらったことを思い出します。

昨年から、武道の稽古を始め、自分にできないことに、とことん向き合って研究と練習を重ねることになりました。

ここ数年、日常の仕事では、できることを効率よく進めており、自分の知識や経験を積み重ねていく一方で、負けたり、自分を変えたりする機会は少なくなっていました。

子育てと仕事の両立の焦りなどもあったかもしれません。イメージしていることと身体の動きが乖離してしまっているように、思い描いたことと自分がかけ離れ、地に足がついていなかったのかもしれません。
「ゆっくりと」です。

本の読み方も変わりました。
知っていることを、より補強していくのではなく、本と対話し、自分の考え方を変えるような読書ができるようになりました。
人との話からも、得られることが増え、人とぶつかることが減ります。
「柔らかく」を心がけます。

昨年は各地で災害に見舞われ、地球環境の課題は待ったなしです。
富の格差は拡大し、世界各国で民主主義が岐路に立たされています。
私一人でできることは限られていますが、諦めず、大きな視点も持ち合わせて、日々の生活に励みむ所存です。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)