家族会議のすすめ

Pocket

お正月休みは、書類を作ったり、政策について研究したり、文章を書いたり、たまりにたまった事務作業をしたりして、家にこもっていました。

地方議員は個人事業主でもありまますので、将来のビジョンや方針について家族と話し合うことを大切にしています。

ただ、これは個人事業主に限るものではなく、すべての人にとって必要なことだと思うようになりました。

お正月休みは、家族と夢(現実も)を語り合うことができる貴重な時間でした。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)