歴史研究会で発表

Pocket

常総歴史研究会にて、「荒木村重」の研究を発表。大ベテランの先輩方の前で話すのは、緊張します。役目を終え、ホッと一息。

大学の恩師が、地域の歴史研究会で講演するのは緊張すると話していたのを思い出しました。
ある分野に関して、言い伝えや地元の証言などあらゆる情報を集め、常に考え続けている先輩方が多いからとのこと。

幸い、私は仕事柄、地域への関わりが深く、予想外に歴史の発見に立ち会うチャンスには恵まれています。

地域の歴史をまとめ、これからの社会の構想を示していけるような在野の歴史研究家を目指したいです。

懇親会で、荒木村重について語り合う中で、新説を提案しました。
まだ実証できる段階ではありませんが、歴史小説にまとめたら大ヒットするかもしれません。

「なぜ荒木村重などを研究するのか?」と、妻からさえ非難されます。
この歴史小説が広く読まれるようになれば、その評価も変わると思うのですが。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)