柳澤大輔『鎌倉資本主義−ジブンゴトとしてまちをつくるということ』(プレジデント社)を読んで

Pocket

【面白い社会を!〜社会、まち、地域を動かすムーブメントのモデル】
柳澤大輔『鎌倉資本主義−ジブンゴトとしてまちをつくるということ』(プレジデント社)を再読しました。

高杉晋作の句を思い出します。
「おもしろき こともなく世を おもしろく すみなすものは 心なりけり」

日本や柏市の現状を真剣に分析すると、厳しく暗い未来が見えてしまいます。
それでも、この句にあるように、ワクワクと楽しみながら、未来を切り拓いていきたいと思います。

これまで柏まちなかカレッジで取り組んできたことと通じるところが多かったです。
地域通貨やまちなか映画館やまちなか美術館、フューチャーセンターなど、柏まちなかカレッジの活動と照らし合わせて、ヒントが得られました。

議員としての活動と柏まちなかカレッジなど地域活動、ビジネス、行政について、広い視点で考えることができ、私の枠も広がりそうです。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)