本物の読書家

Pocket

乗代雄介さんの『本物の読書家』(講談社)を読みました。
ひめしゃら文庫という子ども文庫を主催してこられた大杉さんからお借りした本です。

この本をオススメしていただいた時、読書家として認められたような嬉しさの一方で、本物の読書家を目指さなければならない重圧を感じたのも確かです。

仕事柄、いろんな人とお会いします。
そうすると、その人の著作やその人に影響を与えた本などがあれば読むことになります。自分では選ばないような本も読む機会を与えてもらっています。

本との出会いを作るのは、柏まちカレ図書館で目指していることです。

人との出会いや仕事の現場で学ぶことも多いですが、本を読むことは効率の良い学びです。
柏まちなかカレッジでは、まち全体を学校として見立て、大人も子どもも学び合うコミュニティです。

変化の激しい時代です。大人が真摯に学ぶ姿は、まちの魅力だと思います。

この本を通して、「読む」ことと「書く」ことについて考えさせられました。

二篇が収められています。
前半の「本物の読書家」は、JR常磐線で読むのがオススメです。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)