私の夢−まち全体を学校に

Pocket

私が大学生の頃から、学校を設立するという夢を持っています。

教員経験、教育学の研究、議員の活動、その他いろんな経験を通して、考え方が変化してきました。

資金を準備し、敷地や建物を取得し、行政の許認可を得た学校ではなく、これまでにないアイデアで進めています。

ものすごく未来的というよりは懐かしく、大きな事業というよりは身の丈にあったスタイルで、全国各地にいつのまにか広がるような地域に根差した学校を目指します。

今、ある雑誌に掲載してもらう原稿を書いています。
「まち全体を学校に」という柏まちなかカレッジの活動から考えた提言です。

◆まち全体を学校にする。
◆赤ちゃんから高齢者まで学び合う。
◆世界各地の教室と学び合う(オンラインの活用)。
◆社会をつくるプロジェクト学習(課題解決や社会参加、シチズンシップ、起業支援など)。

まちなか子育て、小中学生の学び(ミライ社会研究所α)、若者の生き方やビジネス(柏下村塾)、学び直しや地域の力を引き出す学び(市民大学)、文化版地域包括ケアセンターなど、柏まちなかカレッジが社会インフラとして機能することも説明していきます。

地域に根付いている既存の小学校が拠点となり、それぞれの学びをバックアップする役割を図書館や公民館、教育委員会が担っていく体制も整えていくことを構想しています。

今日、柏まちなかカレッジ仲間の梅木さんのご紹介で、株式会社ワイアードゲートの鈴木さんとお会いし、意気投合することができました。

吉備高原都市で、国際オープンイノベーションセンターとインターナショナルスクールを設立するプロジェクトを立ち上げられるとのこと。

同じ方向に向かっていて、イノベーションを起こすエコシステムの計画など、私にはない強みを持っていて刺激的でした。

今年に入って、柏まちなかカレッジは次のステージに上がったと感じています。
5年前に出版された『地域の力を引き出す学びの方程式』の第2弾を書き上げることも考えたいです。

組織運営や理念については、今でも変わっていないので、これからの組織作りなどの参考にぜひご覧になって頂けると嬉しいです。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)