自分たちの親、祖父母から聴いた戦争体験を共有する

Pocket

今夜は柏まちなかカレッジの魁!!!歴史塾。
テーマは、「父の時代、母の時代」
戦後史について語り合いました。

戦後70年以上が経ち、戦争体験者も減り、ある調査結果では、今の中学生はテレビで戦争を知るとのこと。

戦争体験を語り継ぐ機会、残していく事業、そして研究することは喫緊の課題です。

歴史観は人それぞれでもあるので、これまで戦争について語り合うことは避られてきたところもあるかもしれません。
しかし、今日の会でも出されましたが、避けては通れないテーマです。

強い使命と勇気をもってテーマを選定し、そして様々な考えの参加者同士が対話できる機会を作ってくれた歴史塾番頭の小峯さんに感謝です。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)