「柏市図書館のあり方」の策定について

Pocket

これまで教員ではなく議員として、1つの教室や学校だけでなく市内全体の教育環境をより良くするため活動してきました。
その中で学校教育だけではなく、社会教育の果たす役割と可能性を実感し、その拠点となる「図書館」を研究し、議会から提案してきました。

昨年は、柏駅前に暮しと文化の新しい拠点づくりを実現させることを目指し、関心ある市民が自発的に集まり、専門家の助言も得ながら検討してきた「かしわ知恵の森プロジェクト」が、ライブラリー・ミュージアム機能を備えた施設づくりの呼びかけ文を作成し、柏市にも提言してきました。

そして今年度、図書館のあり方検討について、新年度予算案に962万円が計上さました。昨日、「柏市図書館のあり方」がまとめられ、公表されました。
以下のリンクから見られます。
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/280700/p046994_d/fil/20190222arikata.pdf

この内容についいて、じっくりと読み込み、仲間たちとも話し合い、柏市に意見しまいります。

※柏市図書案のあり方策定について
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/280700/p046994.html

パブリックコメントへのご意見と柏市の回答も公開されています。http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/280700/p049275.html

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)