これからの世界で生きる知恵として−日本の文化を語るために

Pocket

外国語を話せるのと同様に、自国の文化を語ることができることが大切だと思います。

政治史よりは、食や遊びなどの生活に根ざした文化の方が、話やすいものです。

しかし、箸、寿司、酒や納豆などの発酵食品など、知っているけれど、案外、実は説明できるほど知らないことは多いかもしれません。

また、麺や食器、調味料など、比べることで、自国の文化の特徴を示しやすくなります。

石毛直道さんの本は、面白いです。

11月の日本経済新聞「私の履歴書」は、文化人類学者の石毛直道さんの連載でした。
国立民族博物館の館長も務められた方で、一ヶ月、毎日、新聞を読むのが楽しみでした。

石毛さんは、戦争直後、お父様が国民学校の校長になったため、柏市に引っ越して来られ、野田で育ったことも知りました。
戦災児童と呼ばれる子どもの状況についても触れられていました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)