地球が参考書-サス学が示す公立学校の可能性

Pocket

三井物産サス学アカデミーのファシリテーターとして参加。

サス学とは、「持続可能な未来を創る力」を育てるプログラムです。
ESD(Education for Sustainable Development)と呼ばれる教育の一つです。

地球環境や社会経済の課題を、自分たちの問題として考え、協力し合いながら解決策を見つけていく活動を通して学びます。
今年のテーマは、「未来の健康生活」について。

「地球が参考書」です。実際の社会を教材に学ぶプログラムです。
三井物産の社有林である君津の亀山の森を訪問し、視覚、聴覚、嗅覚で森を感じ、森と健康についても考えました。

世界中で幅広い事業を展開する総合商社・三井物産ならではの取組みを教材としています。
これからの学びの基本となるものです。

実際の社会を教材と考えると、自治体が運営する公立学校の可能性は大きいものです。
道路や水道など公共インフラ、福祉、農業、地域経済、環境、エネルギーなど、自治体では生活にかかわるありとあらゆる事業を担っています。
それらを教材に、地域の中で学ぶことをデザインしていきたいと考えています。
1つの学校だけではなく、地域全体を学校と考えていきます。

今回のサス学アカデミーで、実際に森に足を運ぶことで、私自身もアイデアを得ることができました。
学校や公共施設内で、ウッドチップ有効活用し、地域の森林保全する「木づかい運動」を柏市で提案したいと思います。
繰り返される土砂災害やこの異常な暑さへの対策だけでなく、地域の林業の活性化、そして何より、木のかおりがもたらす安らぎや市民の健康にとって、大きな効果があると考えます。

杉浦 正吾さんと、このプログラムを作るために意見交換してきたのは、貴重な経験です。
私が教員を辞めた頃からですので、長い年月をかけて、幾多の苦難も経ながら情熱の炎を絶やさず、サス学をここまで仕上げてこられた杉浦さんを尊敬しています。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)