社会課題を解決する創造的な教育–アートとコミュニティ

Pocket

2013年8月、オレゴン州ポートランドPortlandPNCA(Pacific Northwest College of Art)を訪問し、Kavin Buck副学長からご説明頂きました。941

PNCAには、イラストレーション科、デザイン科、写真科、彫刻科、印刷科、映像・音響科、リベラルアーツ科、インターメディア科などの学科があり、修士課程があります。

創立104年の芸術大学です。創立当初は、ダウンタウンの現在のポートランド美術館の場所に校舎がありました。
現在は、パールディストリクトに校舎を構え、世界的なクリエイティヴ会社のワイデン&ケネディや数々のギャラリーとともに、創造的な文化を醸すパールディトリクトの核となっています。IMG_4201

IMG_4206
ワイデン&ケネディ社のオフィス NIKEやP&Gなどの総合プロデュースで有名です.

この校舎は売却され、2015年に近くに新設されます。
パールディストリクトの公園を囲むように、PNCAのギャラリーと学生寮を配置し、PNCAのエリアが生まれます。常に新しい挑戦をし、変わり続ける伝統校です。

DSCN1343
新校舎イメージ

シルクスクリーンや映像、アニメーション制作を見学しました。アニメーションは成長分野で、ポートランドにもコールラインというNIKEやAdidasのアニメーションを制作しているスタジオがあるとのこと。DSCN1273

952
伝統的な技法から学んでいます。

自然環境への配慮が、使用素材や制作方法から、
日常生活(ペットボトルではなくマグカップを使うなど)にも生きています。

訪問した時が夏休みであったため、小学生や高校生が、授業を受けたり、ワークショップを体験していました。地域コミュニティを大切にする学校の理念から行っているとのこと。

「ARTは意味」です。この意味を伝えるためには、対話が必要です。この対話が生まれるためには、コミュニティの存在が重要になってきます。PNCAは、対話とコミュニティを重視しています。945

日本では、芸術大学や美術大学を出ても、就職がないと言われています。PNCAは、104年の伝統があるので、就職先はあるそうです。それだけではなく、ARTを学ぶことは、社会課題を発見し、創造的な解決策を提示することでもあるのです。

現実社会の課題に対して、プロジェクトを立て、実践していくコースもあります。まさに、デューイの提唱した「経験による学び」であり、キルパトリックの言うプロジェクト学習です。

ARTは、社会からかけ離れたものではありません。そして、ARTは、コミュニティを形成し、コミュニティの中で生きているものと考えられるのです。

この質問をきっかけに、ARTと社会、コミュニティの話に広がっていきました。IMG_4085

一例として、学生が制作した駐輪場があります。PNCAの約8割が自転車通学です。駐輪の課題に対し、創造的な解決策を示しました。

DSCN1276
自転車を木に見立て、立てて置くことでスペースを確保。葉っぱは、雨よけに。

絵を描いたり、制作したりする技術そのものだけでなく、その背景にある哲学や方法論は、これからの社会に必要なものであると実感しました。

ART,LOVE,HAPPINESSなどPNCAの理念が描かれたTシャツと山下がプロデュースした元禄小判Tシャツを交換
ART,LOVE,HAPPINESSなどPNCAの理念が描かれたTシャツと山下がプロデュースした元禄小判Tシャツを交換
Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)