柏おもちゃ図書館かたつむりと柏市中央公民館の改修

Pocket

この秋の褒章で、柏おもちゃ図書館かたつむり」さんが、緑綬褒章を受賞されました。

障害のあるお子さん達が、おもちゃを通して楽しく遊ぶことができるように、おもちゃを用意し、ボランティアと一緒に遊んだり、障害児を育てる保護者の方の交流や情報交換の場として子育て支援をしている団体です。

現在では、障がいのあるお子さんもないお子さんも共に遊び交流し、育ち合う場となっています。

障がいのあるお子さんの親御さんにとって、気兼ねなく安心して連れて来られる貴重な場であることを知りました。

光や音に過敏なお子さんもいます。

騒いでしまったとしても、柏おもちゃ図書館かたつむりでは問題になることはありません。

先輩の親御さんたちからお話を聴いたり、相談もでき、「気が楽になった」というお話もお聴きできました。

障がいのあるお子さんをお持ちの親御さん自身もボランティアとして活動されています。

居場所として、重要な役割を果たされています。

小さい頃から参加しているお子さんをずっと見守ってくれるかたつむりの方々は、親や祖父母のような存在です。

子どもだった参加者は、成長してボランティアスタッフとして参加していました。 

設立されて33年。会の歴史を感じます。

おもちゃ遊びだけでなく、一生の趣味として、お茶や書道のお稽古もされています。

かたつむりのボランティアスタッフさんが、お茶を先生から学び、かたつむりの茶道教室をお手伝いされています。

まさに大人も、子どもも学び続けられています。

夏のお泊まり会や音楽会、料理体験なども企画されているとのこと。

来年度の中央公民館の改修に伴い、柏駅周辺での活動の存続が危ぶまれています。

ここまで活動を育て、続けるには大変なご苦労があったと思います。

一度、活動が休止してしまったら、再開することは難しいものです。

1年半ほどの改修期間中、活動を存続できるような対策が必要と考えます。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)