エネルギーの地産地消に向けて

Pocket

柏環境ステーションの「柏市民ソーラー基金事業可能性調査」報告会に参加し、「柏市民ソーラー発電所の可能性」について、小田原市のほうとくエネルギーや上田市の相乗りくんの事例などお聞きしました。

12月の議会では、ドイツのシュタットベルケのように、柏市内でエネルギー事業を興し、市外に流出しているお金を市内に循環させることを提案しました。
柏市内でのエネルギーに使うお金は、年に200-300億円くらいになると試算されます。
それらの数割でも、柏市内で発電•活用できれば、柏市にとっては大きな産業となります。
さらに、エネルギー事業だけでなく、公共交通や上下水道、ゴミなどの公共事業を請け負うような組織を作ることで、エネルギー事業で得たお金を、市民サービスのために回すことも可能になります。

同じ思いを持って、組織だって活動されてい方々にお会いでき、興奮しています。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)