子どもたちにバスケができる環境を!

Pocket

公園やまちなかにバスケットゴールを設置して、子どもたちが気軽にバスケできる環境を整えていこうと、くらちゃんカップの方々や同年代のバスケットを愛する人たちと活動しています。

子どもたちが豊かに育つ環境を築いていくためです。

騒音や他の利用者への配慮、維持管理、都市公園法など、課題を一つひとつクリアしながら、行政とも辛抱強く話し合っています。

この活動を通して、バスケットボールや地域スポーツ、子どもたちだけでなく生涯スポーツなどに関する、さまざまなプロジェクトが生まれる可能性を感じています。

こどもたちにバスケができる環境を-柏くらちゃんカップ

スポーツ団体による公園の維持管理の提案

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)