コミュニティ・ミュージアム―社会をより良くする拠点

Pocket

5/28の柏まちカレ図書館まつりで、お話しいただく佐々木秀彦さんのご著書『コミュニティ・ミュージアムへ―「江戸東京たてもの園」再生の現場から』(岩波書店)を読みました。

某地方創生大臣の発言で学芸員が注目されました。
本書の中でも、その学芸員の役割や習性について指摘され、育成への提言やこれからのあり方も示されていました。

ミュージアムが、第3の居場所(サードプレイス)としてコミュニティとなり、地域の力を掘り出し、ソーシャル・キャピタルを高める。そして、地域の社会問題を調査し、市民に問題提起し、市民とともに行動する、まさに社会変革のインキュベーターとしてのミュージアムの形が紹介されています。

そのためには、調査・研究や経営だけでなく、市民とともに分かち合い、新たな価値を創造するようなコミュニケーションが期待されます。

戦後の社会教育が目指した公民館やコミュニティ・スクールと通じる点も指摘されています。
「地方自治は民主主義の学校」と言われますが、コミュニティ・ミュージアムを築いていく営みは「民主主義の教室」となる可能性を持ちます。

文化行政や市民協働、コミュニティのあり方について、これまで私が市議会で議論してきたことを、佐々木さんの実践事例と研究から、考えを深めることができました。
行政評価や指定管理者制度といったテーマについても、この本のおかげで、考え方が明確になってきました。

柏まちなかカレッジなどコミュニティの運営、これまで私が活動してきた中で悩み、考えてきたことが、体系だって示されています。もっと早く読めばよかったと悔やまれますし、今だからこそ得られたものが大きかったとも言えます。

多くの方にお勧めしたい本です。

昨年末、ヨシムタさんに著者である佐々木さんをご紹介いただき、図書館や柏市政についてお話しさせていただく機会を得ました。
今年に入って、「知のフューチャーセンター」という形で、研究や活動を一緒に始めました。

地域包括システムの文化版のような形で、それぞれの地域にまちなか図書館を設置し、地域情報を収集し、保存し、整理し、編集し、発信し、活用していくコミュニティプロデューサーの設置を議会で提案したのは、ここでの話し合いから得られたアイデアです。
「まちなか図書館」構想とコミュニティプロデューサー-議会質問を終えて④

「教育のまち」を掲げて活動してきました。
学力テストや進学率を上げることが目的ではなく、社会をより良くし、人生も豊かになるような教育を目指しています。
まさに、このコミュニティ・ミュージアムのような学び続けるコミュニティが大切だと考えています。

「読書は対話」と言われますが、最近、本当にその通りだと感じます。
著者と話しているような感覚がありますし、
その対話によって、それまでの自分の考えが変容します。
面と向かっての対話以上に、読書のほうが自分に素直になれるのかもしれません。
これからも沢山、読んでいきたいです。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)