小学生によるインタビューで、このまちの未来を語る

Pocket

ウラカシを研究している小学生からインタビューをしていただきました!

Q1 なぜ市議会議員になったか?
A1 自分の学校だけでなく、すべての学校を良くしたい。そして学校だけでなく、社会全体を良くしたいから。

Q2 今の柏の魅力は?
A2 立派な建物や道路があるわけではないけれど、面白い人たちが、今あるもので、楽しい企画をしているカッコいいまち。
※実際は、「今の柏をどう思うか?」でした。

Q3 どんなまちにしたいか?
A3 出会いがあり、学び合えるまちにしたい。

ウラカシの店主たちにインタビューし、新聞にまとめたそうです。
私には、柏のまちの今とこれからについて質問。それぞれの人に合わせてインタビュー内容を考えていて、素晴らしいです。

市議会議員山下のミッション、今の柏、山下が目指したい柏という構成になっていて、無駄なく、大切なことを話せるよう引き出しています。

小学生が新聞にまとめられるよう、簡潔に答えるのは、難しかったです。

私自身、話す勉強になりました。

Pocket

投稿者:

山下 洋輔

柏市議会議員。柏まちなかカレッジ学長。教育コンサルタント。元高校教諭。 教育学研究や地域活動から、教育は、学校だけの課題ではなく、家庭・地域・社会と学校が支え合うべきものと考え、「教育のまち」を目指し活動。 著書『地域の力を引き出す学びの方程式』 教育共創研究所 代表 千葉県立東葛飾高校卒業。早稲田大学教育学部卒。 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了後、土浦日大高校にて高校教諭。 早稲田大学教育学研究科後期博士課程単位取得後退学。 教育コンサルタント山下洋輔事務所設立。 2011年9月から柏市議会議員。 家族 妻、長男(2014年生まれ)、長女(2017年生まれ)